窯業系サイディング

窯業系サイディングは、セメント質のものと繊維質を混ぜ合わせて作られた板です。
原料を数値で表すと、約80%がセメント、約20%が繊維質・増量材で構成されています。
最近の住宅で使用されているもののほとんどが、この窯業系サイディングです。
窯業系サイディングは戸建て住宅のシェアが非常に高いのですが、商品的なバリエーションの豊富さが人気の理由です。

● 窯業系サイディングの特徴

【メリット】

○耐震性が高い
○遮音性が高い
○耐火性に優れる
○デザインバリエーションが豊富
○施工性がよく、短工期

【デメリット】

○素材そのものに防水機能はない
○蓄熱性が高い
○コーキングのメンテナンスが必要

窯業系サイディングはデザインが豊富で、シンプルなものからレンガ風・タイル調・石積み調まで様々なものがあります。
おしゃれなラインナップが多いことも、最近の家で使用されている要因になっているでしょう。
また、価格帯も幅広く、「選びやすい」といった点もポイントです。
モルタルの半分以下の重量で、耐火性・耐震性・遮音性など、住宅に必要な機能が一通り備わっているもの安心です。

しかし、素材そのものに防水機能はないため、コーキングと併せて定期的なメンテナンスが必要となります。
最近では、汚れにくいコーティングを施したものも販売されています。
何年も雨風に晒される建材のためどうしても汚れがちですから、汚れ対策の選択肢も増えてきています。

【代表直通】090-4464-8846
【事務所】0266-23-6287
【営業時間】8:00~18:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】岡谷市中心とした近隣エリア

一覧ページに戻る