外壁一部張り替え

お住まいを守るために外壁は雨、風、紫外線、気温の変化等、何年も厳しい条件にさらされています。
そのため、ある程度年数が経てば、汚れやひびなどの劣化が生じてきます。

外壁の傷みの状況、お家を建ててからの年数に応じて「サイディング外壁の張り替え」が必要。
竹村総業では、全体の張り替えはもちろん、部分的な施工も行っております。
塗装や補修をしても元には戻らない様な傷みが出ている場合、部分的にでも張り替える事によって耐久年数が飛躍的に向上します。
全体を張り替えるよりも、費用も抑えることができるので、外壁の状態に合わせて行うのがいいでしょう。

「窓の周りだけ張り替えてほしい」なども、お気軽にご相談ください。

こうなったら張り替えを、3つの条件

● クラック

サイディングにクラック(ひび割れ)が入っている状態。
割れた箇所が剥離している、一箇所だけでなく何箇所も同じ様な症状が出ている場合は、張り替えが必要です。
補修をする場合、工事用の接着剤でひび割れの箇所をくっつけます。

● 剥離・中性化(外壁の剥がれ)

サイディング自体が表面からボロボロと剥がれ落ちている状態になっている場合、張り替えが必要です。
「触るとパラパラと崩れる」「壁材自体が押すと動く」「水分を含んでふかふかする」「触るとボロッと崩れる」等の症状が出ている場合、最悪内部の下地にも傷みが広がっている可能性があります。
剥がして内部の点検も行った方が良い状況です。

● サイディング自体の反り

サイディングとサイディングのつなぎ目部分が、浮き上がっている状態になっている場合、張り替えが必要です。
張り替えが必要かどうかは「元通り」か、「限りなく元通りに近い状態」にできるかどうかがポイント。
簡単なチェック方法は、浮いている個所を手で押した時に、元々外壁が収まっていた場所まで力を入れなくても戻せるかどうか。
戻らない場合、サイディング自体が経年劣化により変形してしまっている為、補修を行っても現状の改善は期待できません。
早めに張り替えを行いましょう。

【代表直通】090-4464-8846
【事務所】0266-23-6287
【営業時間】8:00~18:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】岡谷市中心とした近隣エリア

一覧ページに戻る